戸隠そば苑 攻略の術

美味しい旅のご参考に…

  • いざ、戸隠へ!オススメルート

    • 戸隠へ来る道は全部で6通りあります。そこで注意が必要!


      県道戸隠線

      <危険度 NO.1>

      長野I.C.から来る場合、標識やカーナビでは 地元人も厄介で使わない”県道戸隠線”が案内されます。この道は非常に狭い上に路線バスも通り、崖っぷちに立たされること多し。特に長野方面から来る場合、常に崖側なので生きた心地がしません。しかも観光路線には向いていないので、使わないほうが無難。

    • 白馬-鬼無里-戸隠線

      <不安度 NO.1>

      地元人でも迷う、というか不安になるこの道。脇道や農道が多く、どれが本線なのかわかりません。カーナビが信じられなくなったら、地元の人に助けを求めましょう。ただ、この道がオススメなのは秋!!紅葉がもの凄く綺麗です。

    • 信濃町-戸隠線

      <新潟・信濃町方面からはコチラ>

      新潟方面や信濃町I.C.から来る場合はこの道が便利。道なりで来られるので迷うことはないでしょう。道中ずっと山道なので何もありませんが、自然は堪能できます。ただ冬は凍結するので、注意が必要です。

    • リゾートライン

      <須坂・小布施方面からはコチラ>

      須坂・小布施方面とつながるこの道は、信州を楽しむ人向け。戸隠だけに来たい場合は遠回りになります。戸隠から須坂・小布施を廻りたいとき、またはそちらから戸隠に来たいときは最短。途中には霊仙寺湖やスキー場、リゾート施設などがあります。

    • バードライン

      <地元人が愛する最短ルート>

      地元人が一番使う主要道路。観光客にとって問題は「七曲り」。正式名称・市道大座法師池西高線は、通称通り、カーブの多い道。スノーシェード付き山道のカーブは半端じゃありません。(山道好きの人にはオススメしておきます。)しかも、路線バスまで通るのでカーブ際で遭わないように注意しましょう。

    • 浅川ループライン

      <オススメ度NO.1.>

      というわけで観光客の皆様に安心してお越しいただけるのはこの道。これは長野オリンピックを機に造られた道路で途中にトンネルとループ橋が2ヶ所ずつあります。特に長野市側にあるループ橋は夜景など景色がとても綺麗なのですが、ドライバーの方は感覚が失われてくるのを実感していただけるでしょう。問題は長野市からこの道を発見できるかどうかです。長野大通りから入るので、この通りを目印にお越しください。

    • 戸隠に着いたら…

      各道路から戸隠にお着きになったら、戸隠神社中社を目指してください。戸隠地区(宝光社-中社-奥社)は大通り一本で来られます。

    ページのトップへもどる

  • 戸隠そば苑はコチラ★

    • 広庭から望む戸隠そば苑

      ≪中社正面の大鳥居に向かって左≫

      当店は戸隠神社中社宮前にございます。

      長野方面から車で来る場合、大門からの坂道を登りきり、道なりにカーブを曲がると右手に中社の大鳥居が見えます。
      そのままぐるっとカーブを曲がっていくと、左側の大杉の脇に当店はございます。お店の入口にあるタクシー乗り場も目印です。

      駐車場は13台分

      当店の駐車場がいっぱいの場合は、道路を上に行くと右手にある大型駐車場(無料)
      もしくは当店の下にある観光会館の駐車場(有料)をご利用ください。

      開店は11時

      限定品をゲットするなら、お早目のご来店をオススメいたします。
      連休や夏休み、秋の行楽シーズンは特に混みあいます。
      それ以後はあまりお待たせすることなくご案内できますが、品切れや早めに閉店する場合があるのでご注意ください。
      閉店時間は14時ですが、時間前に売り切れる場合もございますのでご了承くださいませ。

    ページのトップへもどる

  • お待ちの時間を少しでも快適に♪

    • 外観

      雨の日も安心♪

      店内に待合席がございますので雨の日も安心です!お店の外にも縁台をご用意しておりますので天気の良い日は心地よい爽やかな戸隠の風を感じながらお待ちいただくことができます。


      【店内禁煙】

      店内は禁煙ですが、外の縁台に灰皿をご用意しておりますのでこちらで一服なさってください。


      【お席について】

      旧店舗と違い、お座敷がありません。テーブルは2名様用が1席、4名様用が4席、カウンター(最大4名様)のみで、おつなぎしてご利用いただくことができないため、5名様以上の場合は席が離れてしまいます。予めご了承ください。ベビーカーや車いすはそのままお入りいただけます。


      【ひざかけをご用意♪】

      寒い時期には待合席にひざかけもご用意しております。お席にお持ちいただいてもかまいません。お使いになったひざかけや本は元の場所にお戻しください。


      【待ち席表が出ていたら…】

      G.W.や夏季、連休などは大変こみあいます。待ち席表が出ている場合はオナマエと人数、希望席をお書きの上、お待ちくださいませ。お名前はぜひカタカナで。
      時間帯によっては1時間ほどお待たせすることもございます。また、お待ちのお客様の人数や希望席に合わせてご用意するために、席が空いておりましてもすぐにご案内できるとは限りません。辛抱強くお待ちいただけますと幸いです。
      途中で諦めてお帰りになる方は、お手数ですが待ち席表のお名前を×印でお消しくださいますようお願いいたします。
      ピーク時にバスなど時間に制約のある方は、先にお申し付けください。極力努力いたしますが、ご希望に添えないこともございますので、その場合は誠に申し訳ございませんが、他のお店にお回りくださるようお願い申し上げます。
      「待ちたくない」「バスの時間に間に合わせて来店したい」...そんな場合には事前のご予約がオススメです。


      【お席の優先予約をご利用ください】

      営業日のみ、当日11時までお電話にて承りまっております。到着しましたら係にご予約された旨お伝えください。時間に合わせてお席をご用意するよう努めます。状況によっては少しお待たせすることもございますが、次の順番でご案内させていただきます。

    ページのトップへもどる

  • 美味しいおそばの召し上がり方

    • ポイント1

      素早く注文!!

      おしながきは待合席とテーブルに置いてございます。ご覧の上、早めにご注文ください。ピーク時は他のお客様と競争です。ほぼ同時にご注文いただいた場合でも、メニューの内容や組み合わせで明暗を分けること多々ございます。
      さらなる問題は…スタッフが少なく、なかなかお席に伺えないことです。お声を掛けられた順にお伺いする心持ですが、いたらぬ場合は手を振ってお呼びください。席に着くまで待たされ、注文してからも待たされ…という事態は極力避けたく、従業員一同がんばって働きますので、どうぞご理解いただきとうございます。

    • ポイント2

      出てきたら即、召し上がってください!!

      出てきたらすぐに食べましょう。そばはのびてしまったらおいしくありません。他の方を待つことはありません。なぜならご注文の品によっては続いて出てくるとは限らないからです。同卓同時提供を心がけてはおりますが、揚げ方が込み合っている場合や、「かけそば」などは遅れがちです。
      かけの場合は、そばが違うのでざるそばと一緒には茹でられません。他の品より一段と遅くなるか、逆に早く出てしまうかどちらかです。かけそばはざるよりもよりのびやすいので、マッハで食べることをオススメします。天ぷらやとろろと共に召し上がる場合は、まずかけそばとしてだしの香りと太めのそばのモチモチ感を楽しんでいただき、その後、天ぷらやとろろを入れていただくことで2度お楽しみいただくことができます。

    • ポイント3

      最後の一滴まで堪能する!!

      ざるそばをご注文の場合、最後にそば湯が出てきます。こちらは「そばを食べ終えたつゆ」の中に注いでお飲みください。「そばを食べ終えたつゆ」と「ただのそばつゆ」ではそば湯の味(旨み)が違うのが不思議。もちろんそのままでもお飲みいただけます。
      そば湯が出てこない場合、追加の場合は、遠慮なくお申し付けください。

    ページのトップへもどる

  • 追加注文もゼヒ!

    • ピーク時における追加注文は本当に明暗を分けます。特に食べ終わってしばらくしてから追加なさるのは危険です。もちろん、できるだけ早くお出しするよう努めますが、なかなか出てこない場合もございます。

      そこで、そば苑通の追加注文の仕方を伝授!

      ■最初から追加のざるを注文する予定の場合

      そばが出てきたらその場で追加注文!最初の注文時に追加を頼むと、同時に出てまいります。できるだけ新鮮なおそばを召し上がるにはタイミングが大事です。(後からお出しする場合もございます)


      ■食べてから追加をする場合

      できるだけ早くがよろしゅうございます。まだいけると思ったタイミングでご注文ください。


      ■空いている時間帯

      (特に他にご注文になるお客様がいない場合)
      2ボッチ食べるあたりでご注文いただくのがベストオーダーだと思います。


    ページのトップへもどる

  • ささ、旅の続きを…

    • 当店にお越しいただき、ありがとうございました

      空腹に耐え、待ちに待ってお召し上がりいただいたおそばはいかがでしたでしょうか?当店のそばはそばガラを余り含まないそば粉を使っているので、一般的なおそばで感じるあの独特のアクのような風味が少なく、そば本来の香りが楽しめるのが特徴の一つです。もしかしたらそれが「いつも食べているそば」と味も色も違い、違和感がある方もいらっしゃるかもしれません。あまりに白く細いため、つなぎ(小麦粉)の分量が多いのではないか?手打ちではないのではないか?と言われることもございますが、そんなことは当然ございません!!白い理由はそばの黒い殻を極力除いて挽いているから、細い理由は職人の技術です。ぜひその店主のこだわりを味わっていただければ幸いに存じます。

      さてさて、おそばを楽しんだ後は何をなさいましょう

      戸隠は堪能されましたか?

      もう奥社の杉並木は歩かれましたか?
      スピリチュアルスポットととして最強の場所、中社の本殿右脇にある滝でパワー充填されましたか?
      鏡池の所以を直に体験されましたか?
      九頭龍社で縁結び祈願はされましたか?


      【戸隠神社について】

      戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来2000年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場でした。天台密教や真言密教と神道とが習合した神仏混淆の戸隠山勧修院顕光寺として全国にその名を知られ、修験道場戸隠十三谷三千坊として比叡山、高野山と共に「三千坊三山」と呼ばれるほど多くの修験者や参詣者を集めました。山麓の善光寺とも関連を強め、参詣者は一度に両寺を共に参詣することが多かったそうです。江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受け、一千石の朱印状を賜り、東叡山寛永寺の末寺となり、農業、水の神としての性格が強まってきました。山中は門前町として整備され、奥社参道に現在もその威厳を伝える杉並木も植えられ、広く信仰を集めました。
      明治になって戸隠は神仏分離の対象になり、寺は切り離され、宗僧は還俗して神官となり、戸隠神社と名前を変えました。現在はスピリチュアルスポットとしても注目されている他、仏・ミシュラン社発行の『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009』にて戸隠・戸隠神社境内地が★★に選定されました。
      <戸隠神社公式HP参照>

      【奥社】 祭神/天手力雄命。戸隠神社の御本社として全国に開運、心願成就、五穀豊穣などの神。 境内に続く約2㎞の参道は、随神門まではマイナスイオンあふれる木々が美しい穏やかな道で、赤い随神門をくぐると荘厳な杉並木(★★)が続く。往復で1時間半程かかるが、戸隠に来たからにはぜひ訪れるべきスポット。

      【中社】 祭神/天八意思兼命。知恵の神として知られる他、学業成就・商売繁盛・開運・家内安全の神。 社殿の右隣にある滝や三本杉はスピリチュアル・パワースポットとして注目されている。

      【宝光社】 祭神/天表春命(あめのうわはるのみこと)。中社の祭神である天八意思兼命の子。 学問や技芸、裁縫、安産や婦女子の神。

      【火之御子社】 祭神/天鈿女命。他に高皇産霊命、その娘である栲幡千々姫命、娘の夫・天忍穂耳命を祀る。 舞楽や芸能、火防、縁結びの神。戸隠神社太々御神楽は、この神社に仕えていた社人によって古来より伝えられた。 尚、他の4社が神仏混淆であった時代も火之御子社だけは一貫して神社であって、かつての顕光寺とは関係がない。

      【九頭龍社】 祭神/九頭龍権現。創建は奥社より古く、心願成就で名高い地主神。また古来より水の神、雨乞いの神、虫歯の神、縁結びの神として崇められている。


      【参拝のお作法】

      ◆お清め ~参道にある手水舎で手と口を清めます~
      ①まず右手で柄杓を取り、水を受けて、左手を清めます。
      ②柄杓を左手に持ち替えて、右手を清めます。
      ③もう一度右手に持ち替え、左手に水を受け口をすすぎます。(柄杓に直接口をつけてはいけません)
      ④口をつけた左手を清めます。
      ⑤柄杓を立てるようにし、水を流して柄を清めます。
      ⑥柄杓を元の位置に伏せて置きます。

      ◆参拝 ~二礼二拍手一礼とは~
      ①神前に心静かに立ち、お賽銭を納めます。(投げ入れてはいけません)
      ②深い礼を2回します。
      ③両手を合わせて、右手を少し引き、2回拍手します。
      ④右手を戻し、願いを込めてお祈りします。(初めに住所と氏名を唱えましょう)
      ⑤最後に深い礼を1回します。

      ◆お賽銭豆知識◆
      五円→ご縁、十五円→十分なご縁、二十五円(十円十円五円)→重ね重ねご縁、
      四十五円→始終ご縁 (注)十円→遠縁となるため避けます


      戸隠の次はどこへ行きましょう?

      善光寺さん?小布施?白馬?妙高?
      信州は見どころ満載です♪ ぜひぜひ自然をたっぷり堪能して心の洗濯をなさってくださいね☆
      お帰りの際は行きと違う道を通って帰るのもまたよろしいかと♪ 特に紅葉の季節はいろいろな表情が見られます。 どうぞお気をつけてお帰りくださいませ。


      またのお越しをお待ちいたしております。


    ページのトップへもどる

© 2013 Togakushi Sobazono. All rights reserved.